Farewell , Bradbury 

/ ELLE
<Fog Horn Publishing / 2012年6月30日 / A6・16頁>

おかえり、ダグラス
永遠の名作『たんぽぽのお酒』のあの夏の日がよみがえる。

【contents】

・Farewell,Ray Bradbury
・Waukegan,Illinois イリノイ州 ウォーキガン
・Circus and Carnival サーカスとカーニバル
・Walter Disney ウォルト・ディズニー
・Movie 映画
・Dinosaur 恐竜
・Space 宇宙
・Fahrenheit 華氏451度
・The Martian Chronicles火星年代記
・Listen to the echoes THE RAY BRADBURY INTERVIEWS
 ブラッドベリ、自作を語る
・Condolences 著名だったり無名だったりする人たちの、おくやみ
・List of works which we can read in Japanese
 日本で読める作品一覧 from wikipedia


そして、これを作ろうと思った。こんなときにはもうzineするしかないと思って。レイ・ブラッドベリの研究書、専門書や解説書、そんな細かく詳しい本は書けないけれど、レイ・ブラッドベリという作家がいて、とてもいい物語を書く人だったということだけでも、今の気持ちでいるうちに書いておきたかった。つまり私が大好きだったということをね。(本文)

2012年6月6日(日本時間)、作家レイ・ブラッドベリが亡くなる。これまでレイに関するパーソナルジンを作ってきた著者による追悼のジン。レイの少年時代、作品、大好きだったこと。
レイ・ブラッドベリのファンにも、知らない人にもおすすめしたい1冊です。


¥ 150

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。