SHEamless zine KAPPATH OF LIFE ISSUE

Mamiko Yamamoto (melt.) + Aya Miyake (No Lady Swears)

<2016年8月11日 / A4変型・リソグラフ・32頁(カラー4頁)>

contents

□ INTRODUCTION : SHEAMLESS ZINE
□ LYRIC : KAWA NO NAGARE NO YONI
□ DIARY : SOME COINCIDENCES
□ INTERVIEW : PLEASANT GEHMAN
□ PATCH WORK : KAPPA KAPPA HEY
□ PHOTO : MISS KAPPARETTA
□ CONVERSATION : KAPPATH OF LIFE
□ COLUMN : BACK TO THE 80'S
□ EXTRA : KAPPA TRIVIA

川の流れの中をスイスイと泳ぐカッパのように、
時間や場所、ジャンルやシーン、
固定概念や社会規範、
そして心の変化、、、
様々な境界線をシームレスにボーダレスに、
自由に泳ぐような、
そんな生き方について考えてみようと思います。

今まで感じたことのない新しく予想もしなかった"わたし"に、
わたしはあと何回出会うかな? 
(本文)


「PALMA , BOOK !」「HOLY★MOUNTAIN,BOOK !」 のMamiko Yamamotoと、「SOME TRACE OF HER」のAya Miyakeによる、女たちのお喋りから生まれたSHEamlessシリーズ、今号のテーマはKappath of Life=カッパ的人生水路。
始まりはLA在住チカーノ・パンクス " アリス・バッグ "との運命的な出会い。その出会いがパンクとバーレスクのシームレスな関係をそのままに生きる女性、プレザント・ゲーマンへと導きます。
プレザント・ゲーマン(別名プリンセス・ファハナ)は、70’s〜現在までにパンクファンジン「Lobotomy」を発行し、カウパンクバンド Screamin’ Sirensで活動し、プリンセス・ファハナの名で活躍するベリーダンサー・バーレスクダンサー。アメリカの初期ネオバーレスクシーンを牽引したヴェルヴェット・ハンマーのメンバーでもあります。
パンクとバーレスクを愛してきた著者2人によるインタビューは感動的で、シームレスに生きるプレザントのかっこよさ、愛らしさに痺れます。

そして、パンク、バーレスク、セクシャリティーをめぐる著者2人のお喋り、東京を拠点に活躍中のバーレスクダンサー " ミス・キャバレッタ " 撮りおろしグラビア、Mamiko Yamamotoによる80sパンクファッションコラム、美空ひばりから伊藤野枝まで登場するカッパ・トリビアなど。
カッパをアイコンに、女の人生行路をおおらかに自由に楽しもうよと提案する今号、女たちに元気づけられますよ。










¥ 700

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。