かなしみよ、コンニチハ

satokocreative
<2016年1月 / A5・20頁>

「不意に悲しみはやってくるけど 友だち迎えるように笑うわ(1986年 悲しみよこんにちは)って斉藤由貴も歌ってるしな」てっきり、私もそうなるもんだと信じていた。
そうじゃない、と気がついたのは15才の頃だった。「免疫なんて、全然付かねーわ!むしろその体験重ねるたびに、悲しみ深くなってるし!」結局いくつになっても、友だち迎えるように笑うなんて、できやしなかった。(本文)

「かなしみ」に直面するたびに書いた日記15歳〜22歳までの7年、ノート10冊分からピックアップした文章と、お母さんになってからあちこちに書いた「かなしみ」に関係する文章を時系列に並べたという勇敢なsatokocreativeの初パーソナル・ジン。
satokocreativeは「Patho Snack メモワール」のじゅん子です。

¥ 300

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。